医療事務のスキルアップ

女の人

学んだことが活かせる

医師の業務負担の多さが問題になっており、医師の負担がもっと軽くなれば診察や手術に時間を当てることができ、病院の環境改善につながることも可能です。そこで誕生したのが医師事務作業補助者で、医療の質を向上させることが目的としています。医師事務作業補助者の仕事内容は診断書などの文書作成補助、診療記録の代行入力、各種書類作成などその他関連業務になります。未経験からスタートすることができますが医療事務を行っている人がさらに活躍できる場で、医療事務の資格があると就職が有利になります。また医師事務作業補助者は平成20年度の診療報酬改定によって診療報酬の加算の対象になったばかりなので、有資格者は少なめなので資格を取るなら今がオススメなのです。医療事務は人気の資格ですが、医師事務作業補助者の資格を取得することによりスキルアップできる事もでき、診療報酬明細書の知識など医療事務で学んだことが医師事務作業補助者でも活かすことができます。ただ医療事務と医師事務作業補助者を兼務することはできませんが、資格があるということは就職をする上でも仕事をする上でも強みになります。医師事務作業補助者として働くには医師事務作業補助者研修を受けることが必要ですが、働きながらでも研修を受けることができることも人気の理由です。厚生労働省は医師事務作業補助者の設置を推奨しており、高齢化によって医療ニーズが増えているので、今が狙い目の資格になっています。

Copyright© 2017 現場で役立つスキルが学べる!日本メディカル福祉専門学校の魅了 All Rights Reserved.